第60回宝塚記念

宝塚記念の予想です。

まずは過去傾向から

過去10年傾向

過去平均タイム2.13.4。
平均上がり 36.4秒。

馬連平均配当は5,438円。中波乱傾向。

1人気【2-3-2-3】複勝率が70%。
2人気【2-1-1-6】複勝率40%。信頼できない。
3人気【1-1-2-6】こちらも信頼できない。
4人気【0-0-1-9】
5人気【0-2-0-8】

意外な伏兵?
8人気【2-0-1-7】優秀な数値。
10人気【0-2-0-8】2着なら。

上位人気怪しいか??

12時現在1人気は02レイデオロ。
8人気は09クリンチャー。10人気10ノーブルマーズ。

枠順

1枠【1-0-4-11】
2枠【1-1-2-12】
3枠【0-1-1-15】
4枠【0-4-0-13】
5枠【0-3-0-15】
6枠【2-0-0-18】
7枠【0-1-2-17】
8枠【6-0-1-15】

勝率は圧倒的8枠!
複勝率では1枠。
不振は3枠7枠。

脚質

逃げ【0-0-2-8】
先行【5-5-2-26】
中団【4-1-4-41】
後方【1-4-2-39】

勝率は先行中団有利。

騎手

横山典騎手【1-2-0-5】
川田騎手【1-1-0-8】
デムーロ騎手【1-1-0-2】
3騎手が勝利経験あり。

ちなみにルメール様は【0-0-0-4】・・・。

前走

天皇賞春【5-2-2-33】と主力。
その他
鳴尾記念【1-2-1-12】。
大阪杯【1-0-0-2】。

その他気になるデータ

・当日馬体重2桁減【0-0-0-7】と全滅。
逆に2桁増【1-2-1-3】と好成績。
⇒当日馬体重要注意。

宝塚記念最終見解

展開は最内を引いた01キセキがどう出るか?

先行することは間違い無いと思うのですが、01キセキ的には平均ペースくらいで逃げると後半持たない懸念が高い。

小回りコースが合うとは思えない事から割引。理想はスローの逃げだと台頭してきそう。

ただ、キセキをやすやす逃がすとは考えにくい。先行争いでペースが速くなってくると予想。

また、毎年後半の消耗戦のラップになりやすいレースなので消耗戦に強い馬を中心に攻めたい。

人気上位馬の見解ですが、02レイデオロは最近のノーザンFのルメールファストと天栄仕上げから勝負度合いは高い。

過去データでも1人気は複勝率70%なので、3着以内は堅い?

ただし、私穴党としては本命にはしません。手堅い方は02レイデオロをオススメします。

穴本◎06スティッフィリオ

本命◎03エタリオウ

06スティッフィリオは消耗戦にはメッポウ強い。 前走はスロー展開で差0.5なら見限れない。ペースが平均以上ならという条件付き。

今回陣営は早め仕掛けを宣言してますし、ハマれば面白い。

03エタリオウは機動力もあり、末脚の持続力が高い馬。

テン乗りの横典騎手がどんな乗り方をするかがキモですが先行で持続力を生かせれば一発ある。

相手

○マカヒキ

注目はここにきて自己ベストの調教。調教もバシバシやっているのに体重も増えている模様。

ここは仕上げ度が本気と読みました。

▲02レイデオロ

相手

01キセキ・09クリンチャー・11スワーヴリチャード・12リスグラシュー。

  • singlemonster

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA