私の日刊コンピ使い方

日刊コンピで競馬予想する方は多いと思いますが、人それぞれ使い方が違うと思います。

一般的なコンピ予想は指数1位が○○で○位が○○の時は指数2位を買うとか、指数1位と2位の差が○○の時は指数○位を買うというような、何位馬が指数いくつの時に○位馬を買うというパターンの予想方法が多い。

また、指数の並びによってのレース傾向を見るのに使う方も多いと思います。

私も指数分析しますが、主な使い方はレースの傾向を見るのに使うことが多いです

どういうことかといいますと、日刊コンピは指数がレース毎に違います。同じ馬であっても指数がレース事に毎回変わります。

日刊コンピの指数は各馬の実力指数では無く、各レース毎にそのレースに出走している馬の勝つ確率が高い順位を決めている指数なのです。

私の考えでは同じ馬同士、同じコースでも開催日が変わればコンピ指数は変わると考えています。その週の状況調子を含めたレース内の馬の順位を付けていると考えています。(ただし前日には発表されている事から馬場状況や天候には弱いと考えています。※個人的な推測です)

ですので、レース事の1位からの指数を確認してレース傾向がどうなるのかをザックリ予想しています。

超簡単に説明すると1位指数が高いと一強?1位、2位馬の指数が他よりも高いと二強??

例:2019年3/2中山7R。1位指数が高い(1位の最高指数は90)ので馬番14は強いのではと読み取れる。しかも3位の指数が58で2位と15Pも差があるので、上位2頭が強いのでは?と読み取れる

その後私は新聞やオッズなどで予想の組立をしていく感じです。

結果は日刊コンピ1.2位が1.2着でした。

結果はかなり堅くなりましたが、コンピ指数1位と2位が連対。3着も人気馬ですが、普段は16頭立てでここまで堅く収まることは少ないかな~とは個人的に思います。

次に指数が団子状態の場合。同日の中山にしましょう。

例:2019年3/2中山9R。1位の数値が低く(平均的に1位馬は80台が多い)、2位との差が無い。2位と3位差は9と若干差があるものの3位~5位まで指数差が少ない。上位馬はどれにもチャンスあるレース傾向

実際にオッズも均衡していました。ほぼ全馬勝つチャンスあるんじゃないの?っていうくらい単勝が拮抗。

ちなみに実際の単勝オッズの順位とコンピ順位が全然違う時には荒れる傾向です(色々なパターンがあるので一概には言えませんが。ここら辺の予想方法が私の真骨頂です)

結果はコンピ指数1位も単勝オッズ1位も馬券にならないという結果に。

ですが、私の3/2の予想を見て頂くとお解りだと思いますが、私の独自の予想方法ではヒモ穴馬として9番を導き出しております。

と、色々と書きましたが日刊コンピの使い方は人それぞれです。

私の場合はレース傾向を把握する部分に使います。傾向を頭にいれてからオッズ分析と新聞みて予想しています。一時期は日刊コンピのみで予想をしていてかなり研究もしていたのでコンピオタクではありますが、そんな感じです。

この記事が少しでも役に立ったまたは面白かった方はクリックしてもらえると嬉しいです!


単勝・複勝(競馬)ランキング
  • singlemonster

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA